Jan 09, 2005

[機能紹介] 同期機能

ポスト @ 21:54:38 | Ensemble

 itokです(と宣言しないと、誰が書いたのわからないので)
 僕が思うに、自分がこのRSSリーダーに望む一番の機能は「同期機能」かもしれません。

 家でも会社でもMacを使う人間としては、たとえば、webブラウザのブックマークであったり、メールであったり、そういう情報を家と会社で同期させる、という要求はあると思うのです。といいつつ、僕自身はそういうことをしているわけでもなく、家でも会社でも同じメールを受け取ったりしている日々なのですが、まあ、それはそれでいいかな、と。。。(つまり、会社ですでに読んだメールを、家でも再び受信し、「すべてを既読にする」といった操作をしているんです。もちろんスパムなんかはさっさとサーバから削除してますが)
 ただ、RSSリーダーはそういうわけにもいかなかったりするのです。メールとの違いは本質的なものではなくて、多分、単に量が全然違うってことなんだと思いますが。(メールなんて一日に多くても数十通ですが、RSSで読み込まれるエントリ情報って軽く百を超えるでしょ)
 そんなわけで、読んだ記事と読んでない記事をネット越しに同期させる機能、これがこのEnsembleの一つの主要な機能になっているわけです。もうちょっと細かくいえば、RSS Feedの情報と、記事(エントリ)を管理するデータベースをまとめて同期させます。とりあえずは.mac越しでおこなってますが、いずれ通常のFTP越しなんかでもおこなえるようにする予定です。

 という感じで、この連休はこれにつきっきりですかねえ・・・ネットワーク上にデータを送るということ自体が初めての経験なので、いろいろとてこずったり、検討の余地もたくさんあるわけですが、さてさてどうなりますことやら。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://pyxis-project.net/trackback/tb.php?id=3
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment

No Comments

Post Your Comment


(Smile) (Wink) (Laugh) (Foot in mouth) (Frown) (Gasp) (Cool) (Tongue)

*は入力必須です。E-Mailは公開されません。